MENU
アーカイブ

【建築積算士試験】一次試験を受けてきました

建築積算士の参考書

2023年10月末に建築積算士(1次試験)を受けてきました。本記事では、試験の概要と、1次試験を受けてみた感想をお話していきたいと思います。

目次

試験内容

建築積算士試験は、公益社団法人日本建築積算協会が年に1回実施している民間資格です(おかげで受験料が約37,000円とお高めの設定・・・)。2023年度版の日程は、10月末に1次試験、1月末に2次試験となっています。

試験は、1次試験(4択問題)と2次試験(実技)に分かれています。

1次試験の問題は、建築の生産活動における積算士の立ち位置に始まり、終盤では電卓を使っての数量計算が求められます。特に数量拾いでは、取合い部分の欠損を含むか含まないか、長さはどこから計測するのか、鉄筋であれば梁を通して連続しているのか、ロス率は何パーセントかなど、数字を出すための色んな基準を正しく頭に入れておく必要があり、私は専らその暗記に追われました・・・。

2次試験では実際に図面を基に、数量書や内訳を作成するという筆記の問題となっています。

ゆり

2次試験についてはテストが終わったらまた別の記事で書いてみようと思っています

試験対策グッズ

試験対策に使うものは、基本的に以下の3点になると思います。

・公式販売されている「建築積算士ガイドブック」
・「建築数量積算基準・同解説」
・公式サイトに無料でアップされている過去問

加えて公式サイトに解説動画が有料販売されていますが、基本的には「建築積算士ガイドブック」を片手に過去問を解くことで対策できると思います。ちなみに問題集の販売はありませんのでネットでダウンロードする必要があります。

ゆり

一般の建築積算の参考書は、理解の助けになると思いますが、試験問題は公式ガイドブックに則って出題されるので公式本だけで十分かと思います。

試験当日は電卓を使いますので、日頃の勉強からできるだけ押し間違えないような慣れ親しんだ電卓を作っておくこともおすすめです。静かな試験会場でがたつく電卓を叩くと結構響きますので、そちらも事前に確認しておくと尚安心です(私は当日ハンカチを下に敷いてしのぎました)。

勉強方法・勉強時間について

個人的に今まで「参考書を理解してから過去問」という方法を取っていたのですが、今回は「過去問を解いて参考書で確認する」という方法を取りました。というよりも言ってしまえばそうせざるを得なかったのです。

「建築積算士ガイドブック」は400ページ弱と厚みがあり、読んでいるだけでは出題箇所の検討がつかず不安になりました。なので、やみくもで構わないからとりあえず先に過去問を解いてみて、参考書で確認するという方法を繰り返してみると、試験の大枠やガイドブックの中でも大事なところが分かってきて、気持ちも楽に勉強できました。

勉強時間についてはもちろん人それぞれですが、ちゃんと勉強したのは2週間(平日1時間、週末5時間)です。積算経験者で建築学科卒ということで、予備知識はあった方だと思います。過去問は8年分くらいを最低でも2回ずつは行いました。

合格発表・合格率について

ここまでまるで合格者のように話してきましたが、果たして1次試験に受かっているのか分かっていません。何分受験者数が少なく、資格学校の参入もないのでとにかく情報が少ないのです。

合格率は、ネット上の匿名書込みでしか確認できなかったのであくまで目安としてですが、1次2次ともに60%くらいのようです。2次試験でも合格率が変わりないことには難易度が高いように思えますが、1級建築士を持っていると1次試験免除になることを鑑みると、特段難しいというわけではないのでは?と楽観視しています。

合格発表は1次試験から約2か月後の、12月1日に公式サイトにて行われます。1次試験と2次試験の間が3カ月と期間が短いので、合格発表前から受かったと仮定して1次試験対策に取り組む方が良さそうです。

こういう時に有名な試験であれば結果発表の前に解答速報たるものが出て対策が取れるのですが、積算士試験にはありません。やはり資格学校で教えている試験というのは心強いものですね。

受験者・試験時間・試験会場について

私が向かった試験会場は、町中にあるビルの貸し会議室でした。受験者数は少なく10名ちょっとで、おそらく学生が1人とあとはおじさん世代が主なメンバーでした。女性は私だけだったかな。

ろくに情報集めもせずに挑んだので、会場アナウンスではじめて試験時間が3時間であることを知りました。個人的には全問を2回は見直せるくらいの時間があり、周囲の受験者も同様に途中からのんびりしていたようでしたので、ほとんどの人にとって解答時間は十分あると言えると思います。解答が終わり次第途中抜けも可能なのですが、その場合問題用紙の持ち帰りが禁止ですので、後から確認したいのであれば3時間居座りましょう(しかし解答速報はありません)。

積算士を受験した理由

受験のきっかけは上司が持っていたということと、別に積算が好きでもないですが嫌いでもなく、仕事とするにはこの距離感が丁度良くてこの仕事を続けても良いよなという気持ちがあったからです。来年から転勤妻になるので履歴書に積算士と書けるのも嬉しい。そうなると一発合格したいところですが、正直あまりモチベーションが上がりません(笑)。これだから1次試験もばたばたしてしまって・・・本当はもっと余裕をもって行いたい。何か先行投資として、お買い物でもしようかしら・・・

また公式サイトを拝見すると、どうやら積算士同士のコミュニティがあるみたいです。私は現場経験のない頭でっかちな積算士なのですが、こういうのは勢いなので、合格したらコミュニティに身を置くというのも面白いかもしれない、なんて思っています。

合格したらですが。笑

コメント

コメントする

目次