MENU
アーカイブ

IWC インヂュニア ミッションアース Ref.3236をたたえる

IWC インヂュニア ミッションアース Ref.3236

お気に入り度◎◎◎◎◎◎
おすすめ度◎◎◎◎◎◎

良い点
・潜水も可能な12気圧防水、ゴルフやハンマーの打撃にも耐える強靭な衝撃吸収装置付ペラトン式自動巻きcal.80110、80,000A/m以上の耐磁性を備えた最後のモデル
・インヂュニアSL Ref.1832ジャンボの系譜に正当に連なる21世紀のインヂュニア
・精緻かつダイナミックな加工の軟鉄製文字盤
・ケース、ブレス共に極めてレベルの高い外装
・より腕にフィットするケース
・リューズガード新設、夜光もバッチリでラバーストラップも付き過酷な環境下に最適

悪い点
・46mm、260gという規格外の巨大さ
・スポーティーなデザインは好みが分かれる
・ブレスレットを手入れしないと腐食し固着、脱落の危険性あり(IWCのブレスレット全てに共通のリスク)

Ref.3236インヂュニアミッションアースは、インヂュニアSLジャンボ(Ref.1832)のデザインを継承しつつも過酷な環境にも耐えうるスポーツウォッチとして設計されました。ペラトン式自動巻自社ムーブと軟鉄製インナーケースを備え、スペックも正当に継承しています。私の最もお気に入りのひとつであり「これさえあれば他には何もいらない」と思える数少ない時計のひとつです。スポーツ色が強くケースが46mmまで肥大し260gもあります。

ルクルトムーブを載せたRef.3521が廃盤になった後、数年間インヂュニアはラインナップから消えました。2005年、IWCはジェンタを呼び、再びインヂュニアに手を加えてもらおうとしました。しかし晩年のジェンタは作風が大きく変化しており、契約は成立しなかったようです。結局オリジナルのジェンタインヂュニアRef.1832のデザインを踏襲しつつ、グイ・ボベによる、スポーティなデザインのインヂュニアオートマティックRef.3227(2005年)が登場します。僅か4年でRef.3227が廃盤となり、2009年に登場したのが本Ref.です。

バキバキのケースおよびブレスの加工は見事なもので、恐ろしく手の込んだ外装は似たような時計が増えてきた近年のモデルと比べても全く見劣りしません。軟鉄製文字盤にも凝った加工がされています。よく見るとわかるのですが、文字盤のパターンはインヂュニアの頭文字「I」パターンでラバーストラップも同じモールドがされています。

前作のRef.3227と比較すると、ケースのエッジが弱くなり造形に変化がみられます。ブレスレット中央のリンクから続く盛り上がりがベゼルとの接触面まで延長され、より一体感が高まっています。ここの部分のエッジはやや角を落とされ、滑らかな印象です。

さらにケース自体が左右に落ち込むよう曲げられたので46mmのサイズにも関わらず装着感は良好です。

ペラトン式自動巻ムーブメントcal.80110を搭載しており、耐久性、耐衝撃性も抜群です。耐磁80000A/m、120m防水(iwcの基準では潜水も可能)のため、死角なしです。「時間の金庫」という宣伝文句でしたが、大いに納得です。

(なお非公式ではありますが、ゴルフに着用できるほどの耐衝撃性を持ち、耐磁も80000A/m以上と言われています。)

なお、ミッションアースが「耐磁80,000A/mを備えた最後のインヂュニア」です。これ以降は中身の機械および耐磁性能もスペックダウンの一途を辿っています。

Ref.3227とはスペックが全く同じであり、中身も同じためどちらを選んでも間違いありません。よりスポーティさを纏い、半ばフィールドウォッチに寄っているのはミッションアースでしょうか。

コメント

コメントする

目次